museumprogram2019omote.jpg

神戸、阪神間の美術館・博物館・文化施設が連携し、ミュージアムと学校の連携を考える活動を行っている〈ミュージアムエデュケーション研究会〉。その活動の1つとして、夏休みの期間中にミュージアムで開催されるスペシャルイベントを紹介するパンフレット「夏休み企画 ミュージアムプログラム 2019 for キッズ」を作成しました。

パンフレットには、体験プログラムや鑑賞ツアー、おまつりにミュージアム探検まで、それぞれの場所ならではの、新しい発見やおどろきに出会えるプログラムの情報が沢山!どうぞ奮ってご参加ください。
パンフレットはこちらから(PDF) 
※ イベントの詳細は各館HPをご覧ください。

※配布中のパンフレットの明石市立文化博物館の開催日が8月10日(日)と曜日が誤っておりますが、正しくは8月10日(土)です。

明石市立文化博物館でのイベント

  • 「牛乳パックカメラで明石の街並みを撮ろう!」
    牛乳パックでカメラを作って明石の写真を撮ろう(日光写真を撮影します)
  • 日時:8月10日(土)10:00~12:00
  • 対象:小学生~中学生程度
  • 定員:10名
  • 講師: 博物館スタッフ
  • 参加費:無料 (付き添いの高校生以上の方が、開催中の夏季特別展及び常設展示室、体験学習室を観覧される場合は、別途観覧料が必要です)
  • 申込:往復ハガキにて受付《締切:7月19日(金)消印有効》
    往復ハガキに、①参加者全員の氏名とフリガナ②学年③代表者(保護者)の電話番号、住所④保護者の付き添いの有無⑤返信面に自分の住所を記載のうえ、明石市立文化博物館までお送りください。
    〒673-0846 明石市上ノ丸2丁目13番1号 明石市立文化博物館
    ※応募者多数の場合は抽選

明石市立文化博物館では、今年も「ぶんぱく 博物館文化講座」を開講します。

今回は、市民の皆様のご要望にお応えして、開催日・講座数もボリュームアップしました。

また、10月26日(土)は、加古川市の鶴林寺住職 茂渡 俊慶氏をお招きし「仏教とは何か」と題して

講座を開きます。

ぜひ、明石の歴史や産業はもとより、江戸時代の歴史や文化、民俗学や世界遺産についてなど、

博物館の世界について楽しくおもしろく学びませんか?

各講座のテーマや日程、お申し込み方法など、くわしくはこちらをご覧ください。

                ↓

            2019年 文化講座 .pdf

ぶんぱくボランティアによるGW特別解説のお知らせ

当館の解説ボランティアが、ゴールデンウイーク、4月29日(月)、5月2日(木)、5月6日(月)の日程で、

常設展示室のおすすめコーナーや展示品について解説いたします。

また、常設展示室内をボランティアが解説しながら一周する、「特別解説ツアー」も行います。

春季特別展「江口寿史イラストレーション展 彼女」と、あわせてお楽しみください。

くわしくは、こちらをご覧ください。→ GW特別解説.pdf

プロの声優が音と映像にあわせて楽しい読み聞かせをお届けする『小学館おはなし玉手箱よみきかせキャラバン』。各地の公共施設・保育園・幼児教室などを巡回し、地域に密着した読み聞かせ活動を展開しています。

期間:2019年3月30日(土)

時間:1回目 11:00~11:40、2回目 14:00~14:40 各回親子40組限定

場所:明石市立文化博物館 2階大会議室

お申し込みはコチラのHPから

20190301140628-0001.jpg